カテゴリ
小倉優子画像
小倉優子画像
小倉優子画像
小倉優子画像

2007年09月27日

宝生舞の先輩はゆうこりん?

20070922-00000004-oric-ent-thum-000.jpg
いしだ壱成、宝生舞、小倉優子らが9月22日(土)、都内で行ったオムニバス映画『TWILIGHT FILE IV』の3作品のお披露目舞台挨拶に登場。全作品に唯一出演しているゆうこりんは、3作品連続という異例の舞台挨拶をこなし、それぞれの役柄をアピールした。

小倉優子らのワンショット写真

 『虹色ハーモニー〜マイ・レインボウ・マン〜』の主演を演じたいしだは「一言でいうと、家族愛。絶妙なタッチで描かれた作品です」と紹介。交際中の女優・川合千春については特に語らなかったものの「(役は)ある意味、自分とリンクする部分がありました」と“家族愛”の作品に共感を得ていた様子。
 今年の3月に入籍していた事を明かした宝生舞は主演作『Soeur〜スール〜』について「少しでもみなさんの心に響くものがあれば嬉しい」と微笑んだ。

 唯一、全作品に出演しているゆうこりんは「宝生舞さんの先輩役を演じました。先輩に見られたらいいな」ととびっきりの笑顔をみせた。『虹色ハーモニー』では教師とキャバ嬢を掛け持ちする役、『それでもヤクザはやってくる』では弁護士役に挑戦した。

 絆をテーマに展開されるオムニバス映画『TWILIGHT FILE IV』の『虹色ハーモニー〜マイ・レインボウ・マン〜』は10月6日(土)、『それでもヤクザはやってくる』は10月13日(土)、『Soeur〜スール〜』は11月3日(土)よりそれぞれ公開される。
     (引用 YAHOOニュース



ゆうこりんの教師とキャバ嬢そして弁護士、ちゃんと演じれてるか
楽しみですねわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

posted by ヤン at 13:13| 小倉優子 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

ゆうこりん、理想の男性像は“面白い”より“優しい”!?

20070919-00000011-oric-ent-thum-000.jpg
話題の映画『プラネット・テラー in グラインドハウス』(22日(土)公開)の宣伝隊長に就任したタレントの小倉優子が19日(火)、同作品の特別試写会に出席し、自身の理想の男性について語った。

『プラネット・テラー in グラインドハウス』は、片足にマシンガンを装着したセクシーな美女が、ゾンビをなぎ倒すという痛快アクション作品。もし、こりん星にゾンビが攻めてきたら? という質問に小倉は「えー戦えないです。でも、きっと強い男の人が助けに来てくれると思います!」と、こりん星が危機に直面した際には“白馬の騎士”が登場してくれることを願った。

 そんな“白馬の騎士”の具体的な理想像について聴かれると、「強くて、優しくて、面白かったら言うことないですよね。順番を付けるなら、1は優しい人、2は強い人、3が面白い人です」と語り、意外にも“面白い人”が低いことを明かした。
    (引用 YAHOOニュース



そんな白馬の騎士が現れるといいね〜るんるんるんるん
posted by ヤン at 12:52| 小倉優子(ゆうこりん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

小倉優子の“女の武器”は煮魚?「プラネット・テラー」試写会で告白

20070919-00000008-eiga-movi-thum-000.jpg
[eiga.com 映画ニュース] タレントの小倉優子が9月18日、TOKYO FMホール(東京・半蔵門)で行われたロバート・ロドリゲス監督最新作「プラネット・テラー in グラインドハウス」の試写会に来場し、同作の宣伝隊長として映画をPRした。

 本作は、失った右脚にマシンガンを装着したセクシーなゴーゴーダンサーが、迫り来るゾンビ軍団と熾烈な戦いを繰り広げるという内容で、ロドリゲスの盟友クエンティン・タランティーノと共に、かつてアメリカで流行した“グラインドハウス(=B級映画を2〜3本立てで上映する劇場)”を再現しようと、各々が監督した超B級テイストあふれる作品の1本(全米では「デス・プルーフ」と2本立て上映された)。

 “地球最強のヒロイン”を描く本作にちなみ、“こりん星最高(強)のアイドル”である“ゆうこりん”こと小倉優子が、宣伝隊長を務めることになった。

 “片脚マシンガン”と女の色気を武器に戦う、ローズ・マッゴーワン演じる主人公チェリー・ダーリンを、「すごくセクシーで、とにかく強い。見た目と違って実は強いという女性が好きなんです」と評したゆうこりんだが、彼女の“女の武器”は「実はお料理が得意なところ」と告白。こりん星のお姫様は意外に家庭的な一面も持っているようで、「一番の得意料理は煮魚」だと明かした。

 もしも、こりん星がゾンビに襲われたらと問われると、「私は戦わないです。強い人が助けにきてくれると思います」とコメント。「やっぱり強い男性はいいです。強くて優しくて、よく話を聞いてくれる人がいれば」と理想の男性像を語っていたが、試写の上映開始後に行われたマスコミ向けの会見では、かねてから交際が噂されているお笑いタレントの濱口優(よゐこ)との関係について突っ込まれると、スタッフが質問をさえぎり瞬く間に会見は終了。ワイドショーでおなじみの場面が展開された。

 「プラネット・テラー in グラインドハウス」は、9月22日全国公開。
    (引用 YAHOOニュース



ゆうこりんの煮魚exclamation×2食べてみたいですね〜わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

posted by ヤン at 12:41| 小倉優子(ゆうこりん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

小倉優子「こりん星のミステリー書く」

20070916-470206-1-N.jpg
タレントの小倉優子(23)が16日、東京・秋葉原の有隣堂ヨドバシAKIBA店で、絵本「くりぐま」(ゴマブックス、税込み1000円)の発売記念イベントに出席した。

インターネットから生まれた「くりぐま」の、親善大使を務めるゆうこりん。「いっぱいの人にくりぐまのかわいさを伝えたい。昔『こりん星』のお話を書いて連載していて、その時はメルヘンだったけど、今度は『こりん星』のミステリーを書いてみたい」と作家活動に意欲を見せた。
      (引用 YAHOOニュース



どんな作品が出来るのか楽しみですねわーい(嬉しい顔)るんるんるんるん


posted by ヤン at 13:08| 小倉優子イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

小西康陽、人気アニメ『ケロロ軍曹』の主題歌をリミックス!

アニメ・ソングでありながら、かつての“渋谷系”サウンドをルーツにオシャレなサウンド・プロデュースがほどこされた音楽をさす新しい言葉=“アキシブ系”。そのルーツをたどるコンピレーション・アルバム『AKSB〜これがアキシブ系だ!〜』が9月21日(水)に発売されることが決定した。本作には、おフレンチDJ、ディミトリ・フロム・パリによる『月詠』オープニング・テーマ「Neko Mimi Mode」、キラキラ系お洒落ポップス職人、冨田ラボこと冨田恵一が手掛ける『ちょびっツ』イメージ・ソング「人間だから」(豊口めぐみ)など全15曲を収録。中でも、小西康陽による『ケロロ軍曹』主題歌「帰ってきたケロッ!とマーチ」(財津一郎&小倉優子)のリミックス「帰ってきたケロッ!とマーチ―READYMADE SERGENT ROCK」は新録となっており、ケロロ・ファン、<レディメイド>フリークスの双方にとって見逃せない楽曲となりそうだ。収録曲の詳細についてはレーベル・オフィシャル・ぺージ( http://www.jvcmusic.co.jp/m-serve/-/Discography/A010090/VTCL-60001.html )まで。


◆小西康陽
http://listen.jp/store/artist_1147173.htm

◆小倉優子
http://listen.jp/store/artist_1164843.htm

◆<Listen Japan>
http://listen.jp/

               (引用 YAHOOニュース

posted by ヤン at 13:28| 小倉優子(ゆうこりん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

こりん星人は意外にお利口!?小倉優子、超難解17分長セリフ

070825gt20070825161_MDE00347G070824T.jpg
タレント、小倉優子(23)が主演映画「歌謡の天使 クレープのマミ」で約17分にわたり昭和史を語る超長せりふに挑戦したことが先月24日、分かった。カリスマ映画監督の押井守氏(56)が原作・総監修を務めたオムニバス実写映画「真・女立喰師列伝」(11月10日公開)の6編中の1編で、謎のアイドル・マミに扮し「第二次世界大戦後…」と圧巻の語りを披露。こりん星人は意外にお利口だった!?

こりん星の不思議系アイドルが、新たなミラクルパワーを披露した。

 「真・女〜」は押井監督の小説「立喰師列伝」を原作に、無銭飲食を生業とする立喰師(たちぐいし)の活躍を描くオムニバス実写映画で、昨年公開された「立喰師列伝」の第2章となる女版。「クレープのマミ」は80年代の原宿・竹下通りを舞台に、クレープ店店長の男の前に現れたアイドルの卵・マミが、時の政府が絡む組織の計画により、アイドルとなって活躍する姿を描く。

 小倉は、押井監督の長年のパートナーでメガホンを執った神谷誠監督から「小倉さん以外、考えられない」として熱烈オファーを受けて出演を快諾。撮影は5月に3日間行われた。クレープの大食いに挑んだほか、23分の短編中、小倉はその4分の3にわたる超長セリフに挑戦している。

 「第二次世界大戦後、連合軍最高司令官総司令部GHQの日本に対する占領政策を『3R5D3S政策』って言うの。3Rというのは、リベンジ(復讐)、リバイブ(復活)、そしてリフォーム(再構築)の3つのR。これを遂行するために、5D政策が展開されるの。すなわち…」などと戦後史を語る。難解な内容にさすがに丸暗記はできなかったが、部分暗記と読みの特訓を経て詰まることなくクリアした。

 「うる星やつら」などでアニメ映画ファンにカリスマ的人気を誇る押井監督だが、ここ10年の自作には、自分の言葉でつづった昭和史を問題提起的に挿入してきた。その代弁者という大役を務めた小倉は「セリフがものすごく長いので、かなりの練習をしました。終わって、その練習の成果がでていると思います」と新境地を開いた様子だ。
    (引用 サンスポ)  



ゆうこりんのミラクルパワー見せてもらいましょうわーい(嬉しい顔)揺れるハート 
posted by ヤン at 12:39| 小倉優子 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

“不思議キャラ”が飽きられて小倉優子迷走中

小倉優子(23)が迷走している。
 小倉の持ち味は「○○りんこ」などと意味不明の発言をして笑顔を振りまく不思議キャラだった。しかし、昨夏、お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優との熱愛が発覚してから、評判を落としまくっていて……。
「この1年間、芸能マスコミは小倉がイベントに現れるたびに大挙して駆けつけ、交際についてコメントを求めてきました。ところが小倉はこれを一切無視するので、現場では“ゆうこりん何様?”と批判の声が上がっていた。それで小倉はメディアに総スカンを食って、扱いも小さくなっている」(芸能リポーター)
 で、そんな小倉が活路を見いだそうとしているのがなんと「株」。昨年、テレビの株番組に出演したことがキッカケで取引を始め、今年3月からマネー誌「ZAi」で株の連載を始めた。また、発売中の「MONEY Japan」のインタビューでも〈株式投資はギャンブルと違って、運より実力〉〈身近で気になる銘柄があれば、新規事業をチェックする〉と知識を披露している。でも、ちょっとでも株をかじったことがある人にとっては常識の範囲だろう。
「小倉は株のほかにゴルフ通としても売っていく戦略のようです。ゴルフも番組でかじって始めて、秋にはゴルフ本を発売する予定です」(出版関係者)
 株にゴルフ……。オヤジ狙いか。不思議キャラとは正反対。どうしちゃったの?
   (引用 YAHOOニュース



何で報道陣は濱口とゆうこりんの交際にこだわるんだろexclamation&question
他もバンバン熱愛情報とかあるけど、ここまでしつこく話題に
なっている感じはないと思うけどなふらふら爆弾
posted by ヤン at 12:52| 小倉優子(ゆうこりん) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

小倉優子、左足は“大丈夫リンコ”

20070824-00000020-dal-ent-thum-000.jpg
タレント・小倉優子(23)が24日、都内で行われた人気米ドラマ「CSI:マイアミ5」のジャパンプレミアに出席し、19日の公式ブログで明かした左足のけがについて「全然、大丈夫です」と笑顔で語った。
 この日は、高いヒールの靴を履き、左足を引きずりながら登場したが、カメラマンからキックのポーズを要求されると、すぐに応えるなど全快をアピール。    (引用 YAHOOニュース

posted by ヤン at 12:52| 小倉優子イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

こりん星人は意外にお利口!?小倉優子、超難解17分長セリフ

タレント、小倉優子(23)が主演映画「歌謡の天使 クレープのマミ」で約17分にわたり昭和史を語る超長せりふに挑戦したことが24日、分かった。カリスマ映画監督の押井守氏(56)が原作・総監修を務めたオムニバス実写映画「真・女立喰師列伝」(11月10日公開)の6編中の1編で、謎のアイドル・マミに扮し「第二次世界大戦後…」と圧巻の語りを披露。こりん星人は意外にお利口だった!?

 こりん星の不思議系アイドルが、新たなミラクルパワーを披露した。

 「真・女〜」は押井監督の小説「立喰師列伝」を原作に、無銭飲食を生業とする立喰師(たちぐいし)の活躍を描くオムニバス実写映画で、昨年公開された「立喰師列伝」の第2章となる女版。「クレープのマミ」は80年代の原宿・竹下通りを舞台に、クレープ店店長の男の前に現れたアイドルの卵・マミが、時の政府が絡む組織の計画により、アイドルとなって活躍する姿を描く。

 小倉は、押井監督の長年のパートナーでメガホンを執った神谷誠監督から「小倉さん以外、考えられない」として熱烈オファーを受けて出演を快諾。撮影は5月に3日間行われた。クレープの大食いに挑んだほか、23分の短編中、小倉はその4分の3にわたる超長セリフに挑戦している。

 「第二次世界大戦後、連合軍最高司令官総司令部GHQの日本に対する占領政策を『3R5D3S政策』って言うの。3Rというのは、リベンジ(復讐)、リバイブ(復活)、そしてリフォーム(再構築)の3つのR。これを遂行するために、5D政策が展開されるの。すなわち…」などと戦後史を語る。難解な内容にさすがに丸暗記はできなかったが、部分暗記と読みの特訓を経て詰まることなくクリアした。

 「うる星やつら」などでアニメ映画ファンにカリスマ的人気を誇る押井監督だが、ここ10年の自作には、自分の言葉でつづった昭和史を問題提起的に挿入してきた。その代弁者という大役を務めた小倉は「セリフがものすごく長いので、かなりの練習をしました。終わって、その練習の成果がでていると思います」と新境地を開いた様子だ。
     (引用 YAHOOニュース
posted by ヤン at 12:42| 小倉優子イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。